DaftPunkのヘルメットを自作したよ!

憧れのDaftPunk(ダフトパンク)の仮装をするべく、ヘルメットを自作してみました。
昨年のDeadmau5の仮装に続きまして、ハロウィンの記録です。

dp_t5.jpg

作りたいのはフランスのダフトパンクというロボット2人組のうちひとり
トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter)のマスク。
オリジナルはこのあたりから画像検索(Google「DaftPunk」)してみてください。

■ 使用した物
dpa1.jpg

<ベース作成>
・ダンボール
・スプレー糊
・工作用マット
・デザインナイフ
・金属製の定規
・カッター
・木工用ボンド
・グルーガン
<パテ盛り>
・木工パテ×2 (セメダイン 木工パテA)
・紙やすり #80 #160 #320 #1500
<塗装>
・サーフェイサー
・スプレー缶(シルバー)
<その他>
・塩ビ板(バイザー部)
・赤色の自転車用のテールライト(内部に仕込む)
・マジックテープ(テールライト着脱のため)

■ ベース作成
ダフトパンクのヘルメット…日本よりも海外で人気があるようです。
広大なインターネットの海の中には、
ペーパークラフト用のデータを無償で提供している方がいらっしゃいました。
ありがたく使わせていただきます。
Thx! Mr.Scanner Joe!!
http://scannerjoe.deviantart.com/art/Daft-Punk-Thomas-Helmet-275864771

ペパクラビューワーというフリーソフトで読み込んで印刷。
A4用紙でずらっと20枚ほどの分量になります。

dprouter.png

このまま作ると本当のペーパークラフトが出来上がるので、
必要な強度が確保できません。
そこで、プリンターで印刷した普通のコピー用紙を
スプレー糊で2mm厚ほどのダンボールに貼り付けていきます。
ダンボールは折れ目がなく、厚さが均質なものが必要なので、
東急ハンズで購入しました。
また、貼り付ける時に皺が出来てしまっては元も子もないので、
綺麗に糊付けするにはスプレー糊が必須です。

dp01.jpg

ザクザクと切り出していきましょう。
厚みがあるので結構大変です。
この時、使用するのは大きめのカッターナイフが便利です。
デザインナイフで細部にこだわって切っていっても、
この後、パテで修正していくので、結局仕上がりは変わりません。

耳のパーツ
猛烈に細かい…

dp06.jpg

dp07.jpg

パーツが切り終わったら組み上げていきます。
ペーパークラフトと違って簡単には曲がってくれないので、
曲げるべき部分はスチール製の定規を押し当てて折り目を作るとうまくいきます。

dp02.jpg

dp03.jpg

さて、接着に使うのは、
グルーガン(ホットボンド)と木工用ボンドの2種類です。
アゴの部分など大きなパーツ同士の接着にはグルーガンが便利。
ヘルメットの球体部分には、
微調整しながら貼り付ける必要があるので、
塗った後で位置を動かせる木工用ボンドが適しています。
適材適所で使っていきましょう。

dp04.jpg

dp05.jpg

dp08.jpg

はい、ベースが出来上がりました!
(この状態に至るまで2週間)

dp09.jpg

■ パテ盛り
まだダンボールの継ぎ目が目立ち、表面がボコボコとしています。
このまま塗装すると、
どうにもみすぼらしくなってしまいそうなので、
木工用パテを盛って段差をなくしていきます。

dp10.jpg

使用したのは、セメダインの木工パテAという製品。
説明書きによると完全に乾燥するまでに24時間必要だそうです。
全部でチューブ2本が必要でした。

とにかく盛ってはやすりで削り、盛っては削りを
何度となく繰り返していきます。

一回目のパテ盛り。

dp11.jpg

dp12.jpg

こうしてパテを盛っていくことを考えると、
やはりベースはダンボールで作って正解でした。
ペーパークラフトだとこうはいきません。

乾燥後は、
#80番手の粗めのやすりで形を整えます。

二回目、三回目と荒い所を修正していきます。
形がある程度整ってきたら
紙やすりを#80、#120、#320とだんだんと
目の細かいものに変えていきましょう。

dp13.jpg

dp14.jpg

ある程度追い込んだところで、
#1500番手で磨き、サーフェイサー塗装。

dp15.jpg

ダンボールで塗装ブースつくりました。
制作時間:3分

dp16.jpg

サーフェイサーは、
塗装を綺麗に仕上げるための下地と言う面もありますが、
グレー一色になることで細かい傷やへこみを発見しやすくもなります。

dp17.jpg

dp18.jpg

この状態からまた部分的にパテを盛っては
削りという作業を繰り返していきます。
#120は少し使うぐらいで、
おおよそ#320で表面を滑らかにすることを目指します。

dp19.jpg

dp20.jpg

下塗り完成!
どうでしょうか?

dp21.jpg

サーフェイサー後も塗装が均一とは言えないので、
#1500番手ぐらいで磨いておくとベター。

ようやくシルバーに塗装する時がやってきました。
ここまでくると感動もひとしおです。

dp23.jpg

dp22.jpg

(ここに至るまでおよそ1ヶ月)

■ その他1
さて、バイザー部分を作成します。

ちょうどいい塩ビ板がハンズに売っていました。
ダンボールと同じ要領で、
まず型紙をスプレーのりで貼り付けてから、
カットしていきます。

のりしろ部分は定規を使えば、
しっかり折り曲げることができます。

dpa2.jpg

dp24.jpg

木工用ボンドで接着することができました。

dpa4.jpg

接着剤を乾かすために
うっかりドライヤーを使ってしまい、
バイザー部分を歪めてしまいました。
うっかりさんは要注意です。

■ その他2
グローブまで作り込んでいる時間がなかったので、
とにかく安くて黒い手袋を探しました。

dp25.jpg

目当てのものは100均で発見。
作業用手袋のコーナーに軍手と一緒に並んでいました。

■ その他3
せっかくなので目の部分を光らせましょう!

電子工作をする技術も時間もエネルギーもなかったので、
自転車のテールランプをそのまま流用することにしました。
100均で売っているマジックテープを使えば着脱可能に。
普段は自転車でも必要ですし…

dpa3.jpg

そのままでは明るすぎてまぶしかったので、
ライトの前面にはバイザーの余りを2枚重ねにして
貼り付けています、ガムテープで。
おかげでちょうどいい光量になりました!

■ 完成
でっきあっがりー!

dpgetlucky.gif

dpf1.jpg

dpf2.jpg

dpf3.jpg

dpf4.jpg

我が家では、
DaftPunkとDeadmau5が仲良く並んでいます。

■ 本日のお買い物
・スプレーのりはホームセンターよりもAmazonで買った方が安いです。

・段ボールの上に塗り重ねるパテは、下記の木工用パテでうまくいきました。
塗っては削りを繰り返し、ダフトパンクぐらいの大きさだと丸々2本を使用。

・そして…Get Lucky!

黒宮 考平

1989年生まれ、東京在住、ゆとり世代。自転車で旅をしたり、木工、シルクスクリーン、小ネタなどジャンルを問わずモノ作りをしています。

作りたいものがあれば、なんでも制作お手伝いいたします!お気軽にご連絡ください。
kohei712@gmail.com


他の記事へ…
コメントを残す